アクティビティ

一茶記念館

一茶記念館の外観

「やせ蛙 負けるな一茶 これにあり」 「やれ打つな 蝿(ハエ)が手をすり 足をする」 「すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る」

多くの人に親しまれているこれらの句。
生涯に2万句を詠んだとされる俳人小林一茶は、長野県信濃町で生まれ育ち、晩年をふるさとで暮らしました。
一茶の句は、弱い立場にいる生き物に自身の心情を重ねた句が多く、独特のユーモアあふれる言葉づかいが、読む者を温かい気持ちにさせます。
彼の純粋な思いが込められた作品は、今も多くのファンを魅了しています。

一茶終焉の土蔵が国史跡に指定されたのを記念して、1960(昭和35) 年、お墓のある小丸山に「一茶記念館」が開館しました。
2003(平成15)年4月に新館となり、数々の作品とその生涯、ふるさと信濃町の魅力を紹介しています。

また一茶忌全国俳句大会や俳句すごろく、クイズもあり、どなたでも気軽に参加し俳句に親しむことができます。
一茶の心温まる句は、若き日と晩年を過ごした、ここ信濃町の豊かな自然が育んだものではないでしょうか。
彼の人柄と信濃町のより深い魅力を感じることができる、一茶記念館へぜひお出かけください。

【営業期間】 (通常営業) 3月20日~11月30日 (冬期営業) 12月1日~3月19日の間も年末年始を除き見学可 ※但し、冬期の土・日・祝日は要予約なので、記念館までお電話(026-255-3741)ください。

【営業時間】 大人(高校生以上) 500円   ※冬期間は半額の250円 子ども(小中学生) 300円   ※冬期間は半額の150円 団体料金料金(20名以上) 大人450円 / 子ども260円

【館内情報】 車椅子での入館可、屋外に無料駐車場有り(大型も可)

【サイト情報】 一茶記念館の公式サイトはこちら

一茶記念館の像

申し込み受付中!

恒例の信濃町バスケットボールCAMPの受付を行っています。 夏の合宿シーズンに是非。 詳細、申込みはバスケットCAMP専用ページから。

ホテル送迎バス時刻表

2018-2019冬季送迎バス

※表示されている時間は目安になります

妙高高原駅とバートンホテルの直通送迎バスです。

妙高高原発
(カッコ内ホテル着時間)
7:15(7:35)
9:00(9:20)
10:15(10:35)
11:30(11:50)
12:10(12:30)
15:10(15:30)
17:00(17:20)
バートンホテル発
(カッコ内列車接続)
8:40(9:07)
9:50(10:43)
11:10(11:46)
11:50(12:44)
14:50(15:44)
16:15(16:39)

※送迎は完全予約制です。ご予約時または日程が決まり次第ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

冬季以外の送迎は完全予約にて最寄の駅まで行わせていただいております。

ご希望のお客様はご予約時または日程が決まり次第ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

スキー場のホテルの求人
Freespotの無線LAN